マドリースタメン


クルトワ、レギロン、ナチョ、ラモス、オドリオソラ、カゼミーロ、クロース、モドリッチ、ベイル、ベンゼマ、アセンシオ


 



現在のけが人


カルバハル、バジェホ、ヴァラン、マルセロ、マリアーノ


 



ベンチ外


マルコス・ジョレンテ、カシージャ


 



先日、コパ・デル・レイ初戦で4-0と自身の初陣を勝利で飾った、暫定監督ソラーリ。今日は彼にとってのリーグ戦初戦となり、ここからが彼のテストの始まりと見られている。


 



ベンチメンバーにはヴィニシウスやバルベルデ、そしてハビ・サンチェスも名を連ねた。


 



序盤は左サイドからアセンシオ、レギロンが良質なクロスを送るも中はいつも通り最高の準備はできておらず。


 



オドリオソラは何回か縦に突破し、30分くらい試合が経過したあとに相手が右足を警戒し、縦のコースを切るように修正した時、しっかりと中に切り込む柔軟さを見せた。


 



モドリッチのコンディションがこの試合でも上がりきっておらず、不安要素に。


 



後半、アセンシオが右、ベイルが左にポジションチェンジ。ここで良い結果を残せば非常にポジティブ。


 



イスコがカゼミーロに代わり4-2-3-1。イスコトップ下にベイル左、アセンシオが右。


 



スコアが動かないまま終盤に。


代わって入ったヴィニシウスの仕掛けから相手のオウンゴールを誘い、先制。この得点はオウンゴールの記録だが、ヴィニシウスのクロスのスピードがあったから生まれたゴール。低くて速いクロスが推奨されるのはこういったことが起こりやすいから。


 



ベンゼマがPKを獲得し、ラモスがパネンカで沈め2-0


 



無失点で試合を締めくくり、2-0で勝利。


ヴィニシウスはワンプレーでファンの心を掴み、流れをひっくり返しました。


無失点で終われたことも、2得点という結果がついたこともポジティブです。