マドリースタメン


クルトワ オドリオソラ ヴァラン ラモス マルセロ カゼミーロ モドリッチ イスコ アセンシオ バスケス マリアーノ


 


現在4位、そして4試合未勝利、無得点と不調なマドリーが代表ウィークを経てホームでレバンテと対戦した。


 


この試合はある不名誉な記録の樹立が話題となった。


それは、「歴代最長無得点記録」だ。


エスパニョール戦のアセンシオのゴール以来、409分間(6時間49分間)もの間ゴールから遠ざかっている。歴代最長の記録は465分。これを超えてしまうと記録更新となる。


 


結果からいうと、記録はしっかり更新した。


後半27分にマルセロがゴールし、無得点記録は496分(8時間16分)となった。


 


結果は1-2の敗戦。


今節の結果により、現在の順位は7位に転落。



マルセロ、イスコがスタメンに復帰。


今回はヴィニシウスはベンチ外。CLでの出番が期待される。


 


いつもの試合より多くのチャンスを作ったが、ポストやレバンテのGKの好セーブなどもあり、得点には至らず。マドリディスタはまだこのなにか吹っ切れないモヤモヤとした日々が続くことに。


 


昨日、カスティージャでプレーするヴィニシウスがセルタとの試合で直接フリーキックを叩き込み、マドリーは今現在、唯一のポジティブな情報を全面に押し出したが、その直後彼は2枚目のイエローで退場。これにより、彼のクラシコの欠場は確定。


 


 


うまくいかない時に限って負の連鎖とは起こるものです。


 


しかし、この期間を知っているからこそ復調してきたときが嬉しいものです。


 


見るに堪えない試合が続いていますが、辛抱強く一緒に応援できたら嬉しいですね。またマドリーが強くなってきた時に、あの時は大変だったと話せるように。


 


次戦はホームでプルゼニとのCLです。


10月24日朝4時00分からと早朝ですが、見られる方は一緒に応援しましょう!


 


Halamadrid