スペイン紙MARCAが、代表ウィークを終え、マドリーのこれからの三試合をロペテギのシーズンを左右するものと表現した。


 


3連戦は、


・vsレバンテ(10月20日 20時00分〜)


・vsプルゼニ(10月24日 4時00分〜)


・vsバルセロナ(10月29日 0時15分〜)


の3チームとなっており、相手のユニフォームは全て赤と青。(記載した時間は全て日本時間です。)


 


4試合未勝利、無得点のマドリーはこれを機に調子を取り戻さなくてはならない。


 


マドリーがこの代表ウィーク明け、そして現在のクラブが復調するには次のことが必要だ。


 


・得点


マドリーは9月22日に行われたエスパニョル戦のアセンシオの得点以来、ゴールから遠ざかっている。レバンテ戦はホームなのでそろそろ無得点の時間を測る時計の針を止めたいところ。


 


・怪我人の復帰


ベイルとマルセロは復帰間近だが、ベンゼマ、カルバハルはまだ時間がかかる模様。ロペテギは怪我だけでなく、選手のメンタルも回復させなくてはならない。


 


・自信


この3連戦で今シーズンの出来が左右される。ベルナベウでの試合がマドリーにとって良いターニングポイントとなるはずである。そしてこの3連戦で彼らはさらにステップアップできるポテンシャルも持っている。


ーーーーー


代表ウィークを経て、マドリーの試合を見れる期間がやってきた。現在のマドリーはかなり深刻な状況。


 


しかし次戦はホームなのでこれを機に、マドリディスタ達がソワソワする日々に終止符を打ってもらいたいところ。


 


もうそろそろイスコやマルセロ、ベイルも復帰するので復調してくるはず。しかし、一番心配なのはアセンシオだ。彼の最近のプレーは迷いが感じられる。クラシコまでの2試合で少しでも感覚をつかみ、自分のやるべき役割を明確にしたい。


 


今回はMARCAの記事の紹介と自分の見解を書いてみました。


次は、10月20日4時からホームでレバンテ戦。見られる方は一緒に応援しましょう!