後半


スタメン


GK ナバス


DF カルバハル、ナチョ、ラモス、マルセロ


MF カゼミーロ、イスコ、クロース


FW アセンシオ、ベンゼマ、ベイル


 


7分、アセンシオが2度目のPK獲得。キッカーはベンゼマ。しっかり決めて逆転に成功。


 


後半になってアセンシオが前に仕掛けるようになり、新たな攻め手ができた。彼にとってこの試合が良い転機となることを期待。


 


12分、ジローナのカウンターでカルバハルも剥がされ、キーパーと1対1の場面でナバスが積極的な飛び出しで失点を防いだ。素晴らしいプレー。


 


59分、イスコの芸術的なスルーパスからベイルが決め、3-1。ベイルはリーグ戦2試合連続ゴール。


 


イスコ、やはりアシストをして動きが軽くなり、効果的なプレーが増えた。得点に絡むことでメンタル面でかなり負担が軽減される。


 


36分、ベイルのクロスからベンゼマが決めて本日2点目。フォワード陣が結果を出し続け、とてもポジティブ。


 


ナバスがポジション争いに奮闘。今日の彼は替える理由がないくらい良い働き。


 


データ(マドリー:ジローナ


支配率 66%:34%


シュート数 20本:10本


枠内シュート数 8本:5本


パス本数 713本:380本


パス成功率 90%:76%


 


とりあえず、アウェイでも同じように試合を進め、勝利することができてよかった。後はこれを続け、けが人や出場停止の選手が出てきたときにどう対応するか。


次戦は日本時間9月2日、朝3時45分からホームでレガネスと。


朝早いですが見られる方は一緒に応援しましょう


twitter.com