ロペテギが明日行われる、ラ・リーガ第二節のジローナ戦(アウェイ)の前日会見に登場した。


 


ーーー今シーズンはカスティージャでプレーするヴィニシウスについて


 


ロペテギ「彼はトレーニングは毎日トップチームで行う。我々が彼をリーグ戦に招集すればプレーできるし、しない場合はカスティージャでプレーすることもできる。」


 


ロペテギはヴィニシウスには継続的にプレーさせることが第一だと考えている。そしてこの選択は、マドリーというビッグクラブでのプレッシャーから守るためでもある。トップチームの選手たちとプレーすることで、徐々に成長することが大切だという。


 


 


ーーーGKの定位置確保について


 


ロペテギ「今はまだ何も言えないが、これから何が起こるか見てみよう。チャンピオンズリーグが始まってくると、また選択肢が広がることもある。(ローテーションや試す機会が増える)」


 


今夏の注目の的のひとつである背番号1のポジション(正ゴールキーパーという意味で)をクルトワかナバスかという論争には明言を避けた。


 


ーーー移籍市場について


 


ロペテギ「私は今の戦力をベストなチームにすることに集中している。」


 


彼は今の戦力(CR7が抜けた今、アセンシオ、ベンゼマ、ベイルなどの攻撃陣)とともにステップアップすることを考えているようだ。


 


 


先日、ラ・リーガを一部の試合、アメリカで開催することについてセルヒオ・ラモスや他のチームの選手たちが、この計画に反対するという話し合いを行った件についてこう語った。


ロペテギ「私は選手たちとも話したが、彼らには彼らの考えがある。」


このように彼はこの計画について議論するつもりはないことを示した。


 


 


チームは日本時間27日、朝5時15分から、アウェイでジローナと対戦する。


アウェイ初戦でどのようなサッカーをするのか期待。


【参考】Marca


 


twitter.com