マドリーのキャプテン、セルヒオ・ラモスが明日行われるUEFAスーパーカップの前日会見に登場した。


 


クリスティアーノ・ロナウドユベントス移籍について


「僕たちはチームとして成長し続けなくてはならない。だから僕たちが移籍問題について下を向くことはないんだ。これまで通り、タイトルを目指し続けるよ。」


 


 


新加入選手について


「新加入選手を歓迎するよ。彼らにはできるだけ早くチームに慣れて、ここを自分の家のように感じてもらいたい。僕たちはその手助けをするんだ。」


 


クルトワについて


「マドリーでは背番号1のポジションについて、多くの議論がつきまとう。しかし僕たちは彼がかつてアトレティコの一員だったことを誰も気にしていない。それに彼が入ることでポジション争いは熾烈となり、チームとしての底上げになるよ。」


 


 


サラーについて


「何度もいうが、僕は意図的に彼の腕を引っ張ったりなんてしていない。それに最初に僕の腕を掴んだのは彼だ。」


 


 


クロップについて


「クロップは自分が決勝で負けたことを正当化したいだけだ。彼は自分のこれからの仕事に専念するべきだ。年間最優秀監督賞で僕が彼に投票したら、彼は少しおとなしくなるんじゃないかな。」