マドリースタメン

ナバス、カルバハル、ラモス、ヴァラン、ナチョ、カゼミーロ、モドリッチ、バルベルデ、ヴィニシウス、ベンゼマ


結果

2-1 勝利


得点者

モドリッチ、セバージョス


最も輝いた選手

バルベルデ


ソラーリは相次ぐ前線選手の怪我から、ラモス、ヴァラン、ナチョで3バック、そしてカルバハル、バルベルデ、モドリッチ、バルベルデ、レギロンで5ミッドフィールダー、ヴィニシウスとベンゼマで2トップという3-5-2を採用した。


話題となったイスコは今日もベンチスタート。イスコの影に隠れているが、セバージョスもバルベルデより序列が下がってしまった。バルベルデの成長は非常に嬉しいです。


13分、カルバハルのシュートのこぼれ球をモドリッチが左足を振り抜き、先制。技術が高すぎますこの人たち。


68分、カナーレスのゴールで同点。オフサイドかどうか微妙だったが、判定はゴールとなった。


88分、セバージョスのフリーキックが決まり、2-1となる。叫びました。


ベンゼマ▶︎ココ最近好調を維持しており、この試合も攻撃の中心となっていたが、前半終了間際に負傷交代となってしまった。恐らく指の怪我だと思われる。


ヴィニシウス▶︎インフルエンザ明けとは思えない運動量とその質を見せた。そして魅せた。カウンターの速さにも適応し、改めて才能の高さを周囲に示した。


バルベルデ▶︎1つ決定機があったものの、後ろのベンゼマはいつ確認したのだろうか。意外と難しいあの位置でグティと同じプレーを選択したことはマドリーファンからしたら嬉しいだろう。彼はモドリッチとクロースを足して2で割ったようなプレースタイル。そこにグティも入ってきたら。。。


セバージョス▶︎値千金の勝ち越しゴール。出番の減りつつあったセバージョスが決めたことに意味があるし、嬉しさも大きい。


モドリッチ▶︎トップフォームではないものの、技術の高さを示した。先制点はさすがである。


ディフェンスライン▶︎毎試合これくらい集中して。


次戦は17日朝5時30分からレガネスとコパのセカンドレグ。

早朝観戦お疲れ様でした!!

あと新成人の方、おめでとうございます🙌