ーーー

スペイン紙『MARCA』によると、マドリーは冬に開かれる移籍市場で、新戦力獲得を望んでいるようだ。
 
先日、ロペテギが解任され、暫定監督としてサンティアゴ・ソラーリが就任したマドリーだが、フロントは彼の招聘だけですべての問題が解決するとは考えておらず、各ポジションで即戦力となる選手に注目している。

今回報道された選手はマリオ・エルモソ(エスパニョール:CB)マウロ・イカルディ(インテル:FW)だ。そしてチームはMFの補強も考えてはいるものの、具体的な名前はまだ挙がっていない。


ーーー

僕はこの補強はアリだと思います。ベイルの去就も決まらないうちに、冬にウイングを取っても機能しないかなとも思いますし、ヴィニシウスやアセンシオのモチベーションが下がるということも避けたいのです。

個人的にイカルディのプレーは好みなので、マドリーで見てみたい気持ちがあります。しかし、マリアーノがまだ本領を発揮できていないうちに判断を下すのは早すぎます。ソラーリが来て、マリアーノは怪我の影響でまだ出場できていません。練習には復帰したみたいなので、彼の活躍を見てからでも遅くはないはず。

そして現在3試合で3ゴール2アシストと好調なベンゼマもこれからこの調子を継続できるかもしれません。そのため、ストライカーの補強はフロントはかなり考えているみたいですけど、僕個人的な意見ではもう少し待ってくれって感じです。笑

CBは取りましょう。バジェホは絶滅危惧種と化しつつあるので…。